【平成30年閉校】三重県立名張西高校の制服写真画像まとめ・レビュー口コミ評判・生徒の着こなし・夏服冬服詳細情報(現名張青峰高校・なばりにし)

出典元:https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

名張西高校は閉校し、名張青峰高校になっている。

名張西高等学校は、平成30年3月、最後の卒業生である第30期生を世に送り出したことをもって、その伝統と教育活動を名張青峰高等学校に引き継ぎ、閉校する運びとなりました。

私たちの高台の学び舎、名張西高等学校は、昭和61年(1986年)4月、名張地域の人口が急増するなかで、「国際化と情報化の時代にかなった高校を」という地域の声に応えるため、名張市百合が丘に設置されました。平成28・29年度は上級生である名張西高等学校の生徒と下級生である名張青峰高等学校の生徒とが同じ学舎で学ぶとともに、一部の学校行事・部活動等では名張桔梗丘高等学校の生徒とも共に取組を進めてきました。そして、平成30年3月をもって名張西高等学校は設置以来32年間の歴史に、終止符を打つこととなりました。

統合により設置された名張青峰高等学校には、名張西高等学校の精神や知見がたくさん継承され、さらに充実・発展していきます。英語科の学びは新しく英語運用能力の育成の中でいかされていきますし、情報科の知見は情報利活用能力や情報倫理の育成に引き継がれます。何よりも、「進取創造」という校訓は、名張青峰高等学校の校訓としてそのまま引き継がれます。名張西高等学校の卒業生は、名張青峰高等学校の生徒の先輩であり続けます。

 

FavoriteLoadingお気に入り制服に追加