【香川】「女子セーラー男子学ランは押し付け」制服の自由選択求めて1万1244人分の署名を教育委に提出

香川県の制服に関する最新ニュースです。

ニュースの概要

香川県教育委員会に対し、「加川岡山で制服自由選択制を求める会」が、「子供たちが学校で制服を自由に選択できること」を求める約1万1000人の署名を
提出しました。

出典元リンク(別窓で開きます)

子どもたちが学校で制服を自由に選択できることを求める約1万1000人の署名が、きょう(12日)香川県教育委員会に提出されました。
署名を提出したのはLGBTの人たちを支援する団体などで作る「香川・岡山で制服自由選択性を求める会」です。今年7月からオンラインで集めた1万1244人分の署名を香川県教育委員会の近藤副教育長に手渡しました。

男子学ラン、女子セーラーという「服装による性差の強制」を発生させうる「旧型男女2分制服」の導入の撤廃や、
その中で「男女問わず自由に選択できるルールの早期設定」を求めています。

香川県内の学ランセーラーの学校一覧

制服グラム編集部の考察

制服グラムでも「男子学ラン女子セーラー」のことを「旧型男女2分制服」とオリジナルで定義し、
「旧型」という表記によって「もはや時代遅れであること」を強調しています。

制服撤廃については「家庭の所得格差を隠す」「統一性」「学生という身分がひとめでわかる」等の制服ならではのメリットとの
比較衡量になると思いますが、少なくとも「制服がある中でも、男女問わずどちらの性別の制服も選べるという自由」は、
行政の通達等で簡単に実現できる可能性が高いことから、早期に進めていただきたいと思います。

FavoriteLoadingお気に入り制服に追加
BulgarianChinese (Simplified)EnglishFrenchGermanGreekJapaneseKoreanRussianSpanishThai